1. HOME
  2. ブログ
  3. 【ゲームの常識を変える可能性】Googleの新ゲームプラットフォーム「STADIA」 – esports Japan(eスポーツジャパン)

【ゲームの常識を変える可能性】Googleの新ゲームプラットフォーム「STADIA」 – esports Japan(eスポーツジャパン)

Googleのゲームストリーミングサービス「STADIA」

こんにちは。esportsJapanです。

本記事では、先日にGoogleより発表された「STADIA」について、お話をしようと思います。

STADIAとは?

2019年3月19日(日本時間20日)に、Googleが新サービスを発表しました。

その名も「STADIA」。

この「STADIA」ですが、インターネットの巨人「Google社」のゲームプラットフォームサービスということで、業界では、とても話題になっています。

それは、なぜなのか。

実は、この「STADIA」は、今までのゲームの常識を変えるかもしれない、とても画期的なゲームストリーミングサービスなのです。

家庭業ゲーム機が必要なくなる?

この「STADIA」ですが、一体どこが画期的なサービスなのでしょうか?

まず、大きなインパクトとして「ゲーム機本体」を持っていなくても、家庭用ゲーム機並みの大作ゲームがプレイ可能になるといったところにあります。

海外では、パソコンでゲームをするのは日常ですが、日本では、通常、ゲームをするためにはプレイステーションやNintendov Switchといったゲームハード(ゲーム機)を使用し、ゲームをプレイするのが一般的です。

しかし、この「STADIA」については、そのような家庭用ゲーム機が必要ありません。パソコンなどの端末があれば、プレイステーションや、Nintendo Switchでしかプレイできないような大作ゲームをプレイできてしまうのです。

stadia

ストリーミングゲームサービスとは

ゲーム機がないのに、ゲームをプレイすることができる。こちらは、パソコンでゲームをプレイした機会のない方は、あまりピンと来ないかもしれません。

ゲーム機がないなら、そもそも、ゲームソフトはどうするんですか?といった疑問が生まれるかもしれませんが、その疑問にお答えするために、まずストリーミングゲームサービスから解説いたします。

「STADIA」のような、ストリーミングゲームサービスは、クラウドゲーミングサービスとも呼ばれており、その名の通り、クラウド上(インターネットを通じて、サービスを必要な時に必要な分だけ利用するサービス)のサーバーでゲームを起動し、プレイするサービスのことです。

わかりやすく例えると、プレイステーションやNintendo Switchのようなゲーム機の本体がサーバー上に設置されていて、それらのゲーム機をプレイヤーがインターネットを通じてプレイするといったイメージです。

今まで、ゲームは、家庭用ゲーム機や、高性能なパソコンがなければ、遊ぶことはできませんでした。しかし、このサービスの登場により、ゲーム機や高性能なパソコンがなくても、最新のグラフィックを駆使したゲームを、プレイすることができるのです。

さらに「STADIA」の利点として、その強力な処理能力の高さが挙げられます。

通常、ストリーミングサービスで、ゲームをプレイをするには高速なインターネット回線が必要になります。オンラインゲームなので、回線の速度が遅いと、当然、映像の乱れや入力の遅延が起こる可能性もあり、環境によっては、まともにプレイすることすら困難でした。

一方、「STADIA」は、その問題を、Googleのデータセンターのネットワークを使用することにより、解決しました。

エッジコンピューティング(ユーザーや、ユーザーの端末の近く(エッジ)にサーバーを分散配置することで通信遅延を抑制する技術)という技術を使っているのですが、難しいことはさておき、要点だけお伝えすれば、「高画質で低遅延(スムーズにプレイすること)」な、ゲームストリーミングサービスを実現できるようになったのです。

家庭用ゲーム機や、容量の大きなアプリゲームなどでも、あらかじめゲームデータをダウンロードする機能や、ゲームをプレイする前に初期ダウンロードをする必要がありますが、「STADIA」では、そのようなことは必要ありません。

これは、世界中にサーバーを持つGoogleだから可能なことでもあると言えるでしょう。また、Googleのサーバーを利用するため、一部の悪質なゲーマーが行なっているチート行為(違法行為)を行うことも、ほぼ不可能となります。

stadia

インターネットブラウザ「Chorome」でのゲームプレイが可能

「STADIA」は、Android端末のスマートフォンやタブレットはもちろん「Chromecast」を接続したテレビ、さらには「Windows」または「macOS」さらには「Linux」を搭載したパソコンから、ブラウザである「Chrome」を通じ、ゲームをプレイすることが可能です。

対応デバイスについては、ストリーミングゲームサービスの中でも最も多岐に渡るといっても良いでしょう。

パソコンの「Chrome」でゲームをプレイし、この続きは、外出先のスマートフォンで、といった遊び方も可能になります。プレイステーション4やNintendo Switchなどの据え置きゲームは、当然ですが、携帯することはできませんでした。今後は、これらのゲームに代表されるハイクオリティのゲームも、外出先で気軽にプレイできるようになるでしょう。

ユーザー同士、ユーザーとクリエイターを繋げるコミュニティの拡張

「STADIA」について、コミュニティの拡張性の高さも注目されています。

例えば「StateShere」という機能があるのですが、これは、プレイヤーがゲームの「ステート(状態)」つまり、ゲーム内の場面やプレイヤーの位置、インベントリ(武器やポイントなどのこと)などを記録し、誰にでも簡単にシェアできるという機能です。

「この前、あの超レアモンスターが出てきたんだよ!しかも、あの技を使ってきたんだよ!」といったように、別のプレイヤーのゲーム内の経験を、追体験することが容易に可能になります。

また、「Crowd Play」という機能も、とても面白く、ユニークな機能です。

「Crowd Play」は、YouTubeでライブ配信中のゲームに、プレイヤーとして参加できる機能のことです。例えば、有名なYouTuberと一緒に、好きなゲームをプレイしたり、配信中のゲームに飛び入り参加をする、といったことも可能になります。もちろん、コメントを書いたり、アイテムをあげるといった機能もあるようです。

RPGなどで、どのように進めばいいかわからなくなった際に、他のプレイヤーに手伝ってもらう、といったことも可能になるでしょう。子供の頃、進め方がわからなくなり、先に進めなくなってしまった際など、ゲームの上手な友達に攻略法を教えてもらったり、手伝ったりしてもらったことがある、といった経験のある方もいらっしゃると思います。

この機能は、まさにそのように、世界中のプレイヤーがゲーム友達になるような感覚となるでしょう。

さらに「STADIA」対応の「Stadiaコントローラー」も発表されており、このコントローラーには「シェアボタン」が搭載され、ボタンを押すだけでYouTubeへのライブ配信が可能になります。

ゲームのライブ配信は、専用のハードウェアやソフトウェアを利用する必要があり、一般ユーザーにはハードルが高い部分があったのですが、このようにボタン一つでできることで、より手軽に、ゲームのライブ配信が楽しめるようになります。

これだけでは終わりません。「STADIA」は、画面を分割して楽しめるマルチプレイも可能になります。昔は、友達や家族と一緒に同じゲームを画面分割して遊ぶプレイが行われていましたが、レンダリング(主にゲームのビジュアルの表現など)に大きな負荷がかかるため、特に回線を利用するオンラインゲームでは、難しい状況でした。

しかし「STADIA」では、オンラインでの画面分割も可能になります。この機能は「Stream Connect」と呼ばれ、実際に、複数人で同じゲームを画面分割でプレイするデモが上映されました。

stadia

最高のゲーム体験を可能に!・・・しかし、残念ながら日本ではまだ導入が未定

ゲームの常識を変えてしまう可能性を秘めた「STADIA」は、2019年中に、アメリカやカナダ、イギリス、欧州の一部でサービスを開始する予定とのことです。

上記のように、日本は、まだそこには含まれていません。

しかし、近い将来、確実に日本でも「STADIA」がプレイできるようになるでしょう!

今後も、要注目の「STADIA」。本メディアでも、随時、情報を更新・追加していきます。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

今回も、お読みいただき、ありがとうございました。

esportsJapan
運営担当

投稿者プロフィール

黒幕 (Kuromaku)
黒幕 (Kuromaku)esportsJapan運営責任者
プレイヤーネームは主に「黒幕 KUROMAKU」

FortniteやPUBGなどのバトルロイヤル系のFPS、また、ハースストーン、シャドウバースなどのカードゲームを主にプレイ。最近は、ぷよぷよを特訓中。RPGやシミュレーションも大好物。

・茨城県eスポーツ協会
https://www.eworks-group.co.jp/ibaraki-esports/

・茨城県eスポーツギルド(IEG)
https://www.eworks-group.co.jp/ibaraki-esports/ieg/

関連記事