1. HOME
  2. ブログ
  3. 【ぷよぷよeスポーツ】初心者から始める「ぷよぷよeスポーツ」- esportsJapan(イースポーツジャパン)

【ぷよぷよeスポーツ】初心者から始める「ぷよぷよeスポーツ」- esportsJapan(イースポーツジャパン)

いきいき茨城ゆめ国体の公式種目にもなっている、「ぷよぷよ」

1991年に発売以来、「落ち物パズル」系ゲームの代表格として不動の人気を誇るぷよぷよシリーズ。老若男女問わず、ゲーム好きなら誰でも一度はプレイしたことがあるゲームではないでしょうか。

ぷよぷよ シリーズ最新作の「ぷよぷよ eスポーツ」は、2019年開催の第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」の文化プログラムにて行われる「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」の競技タイトルにもなっています。

ぷよぷよの基本ルール

実際にプレイしたことがある方も多いかと思いますが、まだやったことがないという方に、簡単にぷよぷよの基本ルールを解説します。

  • 同じ色のぷよを4個以上、縦横にくっつけることで消すことができます。フィールド上部から落ちてくる組みぷよ(2個セットのぷよ)を移動・高速落下・回転を使ってうまく積み、くっつけて消していきます。
  • ぷよを消したあと、他のぷよが続けて消えることを「連鎖」と言います。ぷよを消した数や連鎖した回数に応じて、相手のフィールドに「おじゃまぷよ」という4つくっついても消えないぷよを振らせることができます。
  • ぷよが落下してくる「左3列目」が上まで埋まってしまうとゲームオーバー(負け)となります。

以上がシリーズ共通の基本ルールとなります。とてもシンプルですね!
ぷよぷよで勝てるようになるには、どれだけ「連鎖」を増やせるかが重要になってきます。最初のうちはなかなか難しいですが、「積み方」の形を覚えてしまえば、初心者でも簡単に連鎖が作れるようになります。

初心者にオススメの「連鎖の組み方」

ぷよぷよで勝てるようになるためには、様々な連鎖の「形」を覚える必要があります。

初心者が覚えやすい簡単な形としてオススメなのが、「階段積み」と「挟み込み」の2種類の積み方です。

まず最初に覚えたい「階段積み」のやり方

同じ色のぷよを縦に3個並べて、一番上を隣にずらす積み方を、「階段積み」といいます。

比較的簡単で、初心者でも覚えやすい積み方です。何度も練習すれば、5連鎖以上も可能になります。

階段積みを覚えたら「挟み込み」でさらにレベルアップ!

<ぷよを3個つなげる>→<別の色を挟み込む>の手順を繰り返して大きな連鎖を作っていきます。

ぷよぷよは、他のスポーツやゲームと一緒で、とにかく練習や実践を繰り返すことで上達していきます。始めのうちはうまく連鎖が作れなかったり勝てないことも多いと思いますが、誰でも最初は初心者。めげずに毎日少しずつ練習して、感覚をつかんでいきましょう!

投稿者プロフィール

黒幕 (Kuromaku)
黒幕 (Kuromaku)esportsJapan運営責任者
プレイヤーネームは主に「黒幕 KUROMAKU」

FortniteやPUBGなどのバトルロイヤル系のFPS、また、ハースストーン、シャドウバースなどのカードゲームを主にプレイ。最近は、ぷよぷよを特訓中。RPGやシミュレーションも大好物。

・茨城県eスポーツ協会
https://www.eworks-group.co.jp/ibaraki-esports/

・茨城県eスポーツギルド(IEG)
https://www.eworks-group.co.jp/ibaraki-esports/ieg/

関連記事